ロースクールと法曹の未来を創る会、Law未来の会

見えやすく、分かりやすく、頼りがいのある司法

「見えやすく、分かりやすく、頼りがいのある司法」を実現させるための大きな柱の一つとして発足したロースクールは、現在、多くの困難をかかえています。

私たちは、「見えやすく、分かりやすく、頼りがいのある司法」を実現するために「ロースクールと法曹の未来を創る会」を設立して、多くの人々とともに司法改革を前進させる決意をここに表明します。

司法試験合格者決定についての要請

本年5月に、立教大学と青山学院大学、そして桐蔭横浜大学が法科大学院の募集を停止しました。2004年に法科大学院制度が発足した直後に74校あった法科大学院は、合計35校が実質的に「廃校」になったことになります。
この法科大学院制度の危機は、法曹養成制度の危機であり、法曹養成制度の危機は、司法全体、ひいては日本社会の危機を意味します。
当会は、法務大臣及び司法試験委員会委員長並びに司法試験考査委員に対し、この日本の危機を打開すべく、平成29年度の司法試験において、2100名程度を合格させるよう、要請しました。
当会の要請については、下記をご覧ください。

法務大臣並びに司法試験委員会院長への要請

司法試験考査委員への要請

 
 新着情報
2017.11.17

 「現役弁護士が司法試験(民法)を解いてみたV 〜司法試験は改善されたか〜」を開催します。

2017. 8.29 法務大臣並びに司法試験委員会院長への要請 および 司法試験考査委員への要請 を発表しました。
2017. 4.25 「今こそ、司法修習の意義を問う−「給費制」の議論を超えて−」を開催します。
2016.11.24 「現役弁護士が司法試験(民法)を解いてみた 」を開催します。
2016.7.25 「第2期定時総会」が開催されました。同日、宮ア政久先生(衆議院議員)の特別講演が開催されました。
2016.5.9 「弁護士就職・転職マーケット最新事情」を開催します。

2015.11.19 「憲法と司法試験と“法律家”についてちょっとだけ真剣に考える」を開催します。
2015.9.8 司法試験の合格者についての声明 および 司法試験問題漏洩事件についての見解 を発表しました。
2015.7.14 法曹養成制度改革推進会議決定を読み解く ―法科大学院と法曹の未来をどう切り開くか―
2015.5.22 「法曹人口の在り方について(検討結果取りまとめ案)」に関する緊急声明を発表しました。
2015.4.15

セミナー「司法試験を『テスト』する」を開催されました。
セミナー「『弁護士就職難』の謎を解く」が開催されました

2014.12.10 当会代表理事の久保利英明が「月刊ザ・ローヤーズ」2014年12月号(アイ・エル・エス出版)に投稿したテスティモニーに、「司法試験3000人合格を実現する国民大集会」の概略が紹介されます。
2014.10.28 当会代表の久保利英明弁護士が生放送に出演します。
   日時:10月30日(木)21時〜21時54分
   番組:「報道ライブ21 INsideOUT」
   チャンネル:BS11(生放送)
2014.10.27 「司法試験3000人合格を実現する国民大集会」が開催されました。
2014.9.11 「司法試験3000人合格を実現する国民大集会」を開催します。
  「日本の司法の未来を語る鼎談−政界と経済界は法曹に何を期待するか」が開催されました。
2014.7.29  「法曹養成制度改革提言(案)」を発表しました。
2014.6.11  「日本の司法の未来を語る鼎談」を開催します。
  「ロースクールと法曹の未来を創る会」設立総会が開催されました。
  勉強会「ロースクールを考える−アメリカの「危機」から何を学ぶか−」が開催されました。
  「ロースクールと法曹の未来を語るセミナー」が開催されました。

 

問い合わせ先
Copyright(c) ロースクールと法曹の未来を創る会
当ホームページ内で使用している画像、テキストを無断で転載・転用することを禁じます。