ロースクールと法曹の未来を創る会、Law未来の会

今後の活動予定

【Zoom開催】LAW未来の会シンポジウム「法科大学院のこれまでとこれから」

開催日時
2020年9月23日(水) 18:00〜19:30

開催方法
今回はウェビナーとしてZoomによる開催(参加費無料)といたしますので、開催当日、お時間になりましたら下記のURLにアクセスをお願いいたします。

https://us02web.zoom.us/j/89408126374?pwd=V1BZb01PeXlEOXl2SEpVWUE5bUtLQT09
パスコード:789026
ウェビナーID:894 0812 6374

シンポジウムの内容

 多くの法科大学院が閉校する一方で、法曹志望者が激減するなど、旧態依然の司法試験制度が法曹養成制度を混乱に陥れています。これに対し、短期間で司法試験を受験できる「法曹コース」の新設や、法科大学院在学中の司法試験受験を認めるなど、「小手先」の「改革」が進められています。
そんな中で、法曹養成制度の中核とされる法科大学院教育の未来はどうなっていくのでしょうか。

 今回のシンポジウムでは、パネリストが、法科大学院で学んだ経験や法科大学院の創設・運営にかかわった経験など、それぞれの視点から、法科大学院と法曹養成制度を多面的に検証します。

 岐路に差しかかっている今こそ、法科大学院が目指していた原点に立ち戻り、法科大学院の成果と問題点を論じるとともに、法曹養成制度のあるべき姿を提起します。

【パネリスト】
中央大学大学院法務研究科教授 大貫 裕之 氏
法科大学院協会前理事長、特別顧問。法務省司法試験委員会幹事。開設準備室教授として中央大学法科大学院の創設に深くかかわるとともに、2017年から2020年まで法科大学院協会の理事長を務める。

ウェール法律事務所代表弁護士 石井 逸郎 氏
第二東京弁護士会司法修習委員会副委員長、同会法科大学院支援委員会委員長、大宮法科大学院大学アドバイザリースタッフなどを歴任し、様々な形で法曹養成制度にかかわる。

早稲田リーガルコモンズ法律事務所代表弁護士 河ア 健一郎 氏
立ち上げ期のロースクールに学び、その仲間と立ち上げた事務所はロースクールと提携した臨床法学教育のプログラムを実践している。リーガルテック領域での事業開発にも取り組んでいる。

十条王子法律事務所代表弁護士 金ヶ崎 絵美 氏
第二東京弁護士会NIBEN若手フォーラム副委員長を務め、若手弁護士の相互研鑽や親睦、業務拡大に取り組む。また、ひとり親家庭、消費者問題にも注力している。

【モデレーター】
読売新聞東京本社調査研究本部主任研究員 高橋  徹 氏
経済部次長、中部支社編集センター次長、静岡支局長を経て現職。法と経済学会、事業再生実務家協会会員。

 

 ◆チラシは、こちらから


(お問い合わせ先) ロースクールと法曹の未来を創る会 事務局
         (法律事務所フロンティア・ロー内 担当:弁護士 宮島 渉)
         〒102-0083 東京都千代田区麹町3-2-4麹町 HFビル8階
         TEL 03-6256-9400 FAX 03-6256-9401 info@lawyer-mirai.com


 

Copyright(c) ロースクールと法曹の未来を創る会
当ホームページ内で使用している画像、テキストを無断で転載・転用することを禁じます。